<< 制作五回目 | main | 休んでいました。 >>
制作六回目
先週二日土曜日は制作六回目でした。
いつもは三時から始まるところを、僕に用事があったので
今回は六時過ぎから始めました。

ジャガさんは先週と同じく何枚もの水彩小作品を同時制作していました。
僕も先週と同じくライブペインティングの予行をしましたが、
先週より色々な描き方で実験することができました。
どのようにしたら面白く、且つ抱いているイメージや制作方法に
近付けるのか、徐々にわかってきました。
ライブペインティングが楽しみです。

アトリエを貸してくださっているたこ焼き屋さんのたこ焼き、
すごい美味しいです。

制作途中にたこ焼きを食べるジャガさん。

先週はそのたこ焼き屋のお嬢さんYちゃん(三歳)と一緒に絵を描きました。
彼女がクレヨンである程度描いたら、
「お兄ちゃんも一緒に描こうよ〜、この絵に描いて良いよ〜。」と言って
誘ってくれたので、同時に一緒の紙に描いていきました。
彼女は四点制作。
一点一点できあがっていく毎に絵を壁に貼って飾ってあげました。

その内の一点で、僕との共同制作作品(部分)。
大部分は彼女が描きました。

自由にのびのびと、楽しんで描いていて驚きました。
彼女が自らクレヨンの他に絵の具も使って描きたい、
と言ったのでアクリル絵の具も貸してあげた結果、
ロスコのような深遠な抽象画が出来上がりました。
絵の具や筆、水の使い方がとても上手で、
色を混ぜると黒に近づいていくことを、自ずと描きながら気付いていました。
僕はドリッピングのやり方を教えてあげました。

できあがっていく彼女の作品を見たり、
一緒に描いたりして僕も楽しかったし、勉強になりました。
また一緒に描きたいです。
| 長田哲 | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ichirojaga.satoshiosada.com/trackback/818910
トラックバック